買取の注意点

これからカメラ買取をするつもりならば、いくつか注意点があります。まず、身分証明書は必ず用意しなければいけません。身分を証明できない人間が買取をすることは禁止されているのです。運転免許証や健康保険証、パスポートなどを用意しましょう。基本的に顔写真がついていたり、現住所を確認できることが要求されます。

カメラは、自分の所有物でないと売ってはいけません。盗品を売ることはもちろん禁止されており、他人のものを勝手に売るのもやめましょう。例えば、家族のカメラを勝手に持ち込んで買取してしまえば、あとでトラブルに発展してしまう可能性があるため、気をつけてください。

お店によって、どのようなカメラを買い取ってくれるのかは異なっています。例えば、フィルムカメラの買取を受け付けていないお店もあるのです。中には故障していたり、かなり古いカメラでも買い取ってくれるお店もあります。事前に確かめておきましょう。ホームページを確認することによって、どのようなカメラを買い取ってくれるのか、確認することができます。

人気機種や、希少価値のあるカメラの場合は、その価値を正しく判断できるところに売るべきでしょう。そうしないと、お金を損してしまいます。買取店選びも大切なのです。